神戸大学大学院電気電子専攻 小川研究室

講義

1年生

電気電子導入ゼミナール (1年生)
ごめんなさい. H27年度も 研究・産学連携担当理事・副学長 という重職を拝命したので今年度,来年度(H27,H28)も担当から外れます.
(freshman=新入生と話すのは,とても面白いのですが,非力なもので,あれもこれもはできません...).


2年生

量子物理工学T (毎週木曜日1限,LR401,2014年4月11日開講)
また,「線型代数」 (長谷川浩司,日本評論社,線形代数教科書)の 0.6, 16章を理解していると本講義が分かりやすいです.

過去の資料(H18〜H23年度分はお蔵入りになりました)
H24年度資料
Stueckelberg diagram
(おまけ) 水素原子モデルで出てくるラプラシアンの極座標表示の簡単な求め方
(第4の方法) 第1の方法〜第3の方法はこちら
さらに過去の資料 この頃はまだ根性があったころですね(笑)
複素関数論
常微分方程式論(南部隆夫先生):常微分方程式 (ホームページはなさそうです)
複素関数論・常微分方程式演習(栗林稔先生)(方針、進度についてはガイダンスを参照して下さい)

応用解析演習 I,IIのホームページ

H 21,20,19,18, H17,16,15,14年度分はお蔵入りです。
このページのTOPへ

3年生

平成26年度半導体電子工学II (後期)
過去の資料
平成24年度半導体電子工学II (後期)

平成23年度半導体電子工学II (後期)
平成22年度半導体電子工学II (後期)
平成21年度半導体電子工学II(後期)
平成20年度半導体電子工学II(後期)
平成19年度半導体電子工学II(後期)
[関連科目] H19年度(前期) 半導体電子工学I (相馬先生,小島先生)
[関連科目] H19年度(前期) 数理物理工学(土屋先生)
足立幸信先生の偏微分方程式とフーリエ解析のページ
このページのTOPへ

4年生

集積回路工学: (高田 英裕先生=ルネサスエレクトロニクス)「半導体デバイス」の続きです。集積回路、HDL言語、CAD等を学習したい方は是非。(神戸大学学内からしかアクセスできません。) H21年度学生実験4: 研究室
過去の資料
H24年度学生実験4:
H23年度学生実験4:
H22年度学生実験4:
H21年度学生実験4: 研究室[
課題]
H20年度学生実験4: 研究室 (昨年度の資料をもとに院生が改善…そのまんまでなく改善してくれよな。)
コンピュータを用いた計算練習問題 : 多分に教育的...問題の意図を汲んで(空気を読んで)貰えると有り難い
H19年度学生実験4: 研究室 (資料は自作しました。これもしんどかった。)
H18年度学生実験4: 研究室 (12名はシンドイわい)
 「半導体の電子物性工学」 輪講
このページのTOPへ

大学院

こちらもご覧ください(講義ノート)
前期課程


H25年度固体物性工学特論

H24年度固体物性工学特論T
H23年度固体物性工学特論T
H22年度固体物性工学特論T
H21年度固体物性工学特論T
H20年度固体物性工学特論T
H19年度固体物性工学特論 I


「論文の書き方と発表の仕方」 (阿部先生  2002年版) 一読の価値があります
後期課程

H25年度 先端科学特論 「擬スペクトル法,スペクトル法による微分方程式解法」
H24年度
H23年度
量子ドット太陽電池の特性解析と,非平衡Green関数による量子輸送解析
H22年度
単電子(数電子)デバイスの性質, 半導体中の電子スピンの性質(Spintronics)
非平衡Green関数による量子輸送解析です(今年は日本語)。
H21年度
H20年度
H19年度量子ナノエレクトロニクス II: 下記のマルチメジャーコースの項をどうぞ
H18年度量子ナノエレクトロニクス II:
H18年度情報・科学概論 (終了しました) I

H21年度マルチメジャーコース
Crystal to Molecule --> 物質・生体の状態の量子計算
数値計算から量子力学、量子力学から結晶のバンド構造、結晶からデバイス、デバイスから原子・分子デバイスという話をします。
H20年度マルチメジャーコース
内容は19年度と同じです.
H19年度マルチメジャーコース
数値計算から量子力学、量子力学から結晶のバンド構造、結晶からデバイス、デバイスから原子・分子デバイスという話をします。数値計算上では,直交関数基底展開と変分法・有限要素法の関連の話を上記に織り交ぜました。
H18年度マルチメジャーコース
このページのTOPへ