研究紹介
リーチングを用いた新規合成法の研究
リーチングを用いて…
物質に機能性を付与する一つの方法として、酸化や還元を施し、物質の構成要素の酸化数に変化を加えると言うことがしばしば行われます。しかし、実際に酸化剤や還元剤を用いて物質を酸化・還元しなくとも、物質の構成要素の酸化数を変えることができます。
最近、私達は物質の溶解・析出プロセスを用いて、物質の構成要素の酸化数を変える方法を提案しました。下の図は、溶解(抽出)を利用して、実質的に物質の酸化状態を変化させた例を示します。

リーチングを用いた合成例
Leaching
Leaching
Leaching
Leaching

研究紹介一覧
画像をクリックすると、それぞれの研究紹介ページにリンクします。
巨大モリブデン酸クラスターを用いた物質設計 低温固体反応の研究 水熱合成法の研究と物質探査 巨大化学種を利用した低温物質合成の研究
リーチングを用いた新規合成法の研究 物質の熱解析 理学部化学科 枝研究室 トップページに戻る 神戸大学理学部化学科のホームページはこちら
神戸大学理学部化学科 物性物理化学 枝研究室
〒651-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学理学部B棟 B310号室
TEL&FAX: 078-803-5677

Copyright© 2006 Eda Laboratory All Rights Reserved.