研究紹介
巨大モリブデン酸クラスターを用いた物質設計
巨大モリブデン酸クラスターとは…
近年、縮合モリブデン酸イオンの中にナノサイズの構造を持つ様々な化学種が見出され、注目されるようになってきました。
これらのモリブデン酸クラスターはナノサイズの空洞などを持ち、しかもその構造サイトのいくつかは、他の化学種と置換可能で、磁性や触媒活性など、様々な特性を取込むサイトと成り得ます。
NS-POMs

機能性構造体をめざして…
私達は、このようなナノサイズの構造をもつクラスターに機能を付加させ、空間的な配置を制御しながら三次元の構造体に組上げることにより、非常に特異な機能をもつ物質を創製できると考えています。
私達は、巨大モリブデン酸クラスターからなる三次元機能性構造体の創製を見据えながら、最近私達が開発した純粋な巨大モリブデン酸クラスター溶液を合成する方法を用いて、巨大モリブデン酸クラスター化合物の研究を進めています。
下の図は、最近私達が合成した新規の巨大環状モリブデン酸クラスター化合物の構造図です。
{Mo154}
下の図は、モリブデン酸クラスター{Mo36}を用いて形成された構造体を示します。
{Mo36} building block
これらの構造体は量子化機能素子として期待されています。
{Mo36} building block

研究紹介一覧
画像をクリックすると、それぞれの研究紹介ページにリンクします。
巨大モリブデン酸クラスターを用いた物質設計 低温固体反応の研究 水熱合成法の研究と物質探査 巨大化学種を利用した低温物質合成の研究
リーチングを用いた新規合成法の研究 物質の熱解析 理学部化学科 枝研究室 トップページに戻る 神戸大学理学部化学科のホームページはこちら
神戸大学理学部化学科 物性物理化学 枝研究室
〒651-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学理学部B棟 B310号室
TEL&FAX: 078-803-5677

Copyright© 2006 Eda Laboratory All Rights Reserved.