研究紹介
巨大モリブデン酸クラスターを用いた物質設計 低温固体反応の研究 水熱合成法の研究と物質探査
巨大化学種を利用した低温物質合成の研究 リーチングを用いた新規合成法の研究 物質の熱解析
新規機能性物質を目指して…
私たちの生活を支えるものには物質の特性や機能を利用しているものが多くあります。私達の研究室では新たな機能性物質を設計していくことをめざし、研究を行っています。
完全に正しいとは言えませんが、「新しい機能は新奇の構造をもつ物質に由来する」と言うことも可能です。現時点では知られていない無限の種類の物質も存在可能で、ただ、その物質へ至る合成ルートが開発されていないだけです。私達の研究室では、「物質」と「物質を創る方法」を科学しながら、そのような新奇物質の探索を行っています。
低温合成法 "ソフトケミストリー" からのアプローチ
物質の合成手法としては、新しい考え方などを導入し、出来る限り大掛かりな合成設備を必要としない,比較的低い温度で合成が実現できる方法を用いています。
得られる物質の構造の解析には、粉末及び単結晶X線回折法、粉末中性子回折法や赤外、ラマン分光法、固体核磁気共鳴法、電子スピン共鳴法などを用います。
組成や性質の解析には、原子吸光法、滴定分析法、分析電子顕微鏡法、熱天秤-示差熱分析法、示差走査型熱量分析法、溶液カロリメトリー(熱測定)法、電気伝導度測定法、磁化率測定法などを用います。
更新情報介
神戸大学理学部化学科 物性物理化学 枝研究室
〒651-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 神戸大学理学部A棟 A118号室
TEL&FAX: 078-803-5677

Copyright© 2006 Eda Laboratory All Rights Reserved.