Skip to content

西田研究室 2012-

西田研究室では 2012 年度から学部生・院生の研究指導を行っています。

研究分野

私たちはインタラクションデザイン、特に「コミュニケーションのユニバーサルデザイン」を目標に研究を行っています。 アイデア作りから始めて、アプリケーションやシステムを開発し、実際に使ってみるまでを通して行います。

インタラクションデザイン

PC やスマートフォンなどの情報機器を使いやすくする研究や、情報技術を活用して日々の生活を豊かに楽しくする研究を行います。日々の生活の中で、情報機器がうまく利用できない場面や情報技術を活用すると楽しくなりそうな場面を見逃さない観察力に加えて、様々なアイデアを素早く形にするプロトタイピングが重要になります。

コミュニケーションのユニバーサルデザイン

人と人とのコミュニケーションには様々なコツやお約束があり、それを外してしまうとコミュニケーションがうまく行かなかったり、コミュニケーション下手だと思われたりしてしまいます。私たちの目標は、情報技術を活用することでコミュニケーションの様々な問題を解決し、「コミュ力」がなくても大丈夫なコミュニケーションの環境を作ることです。

人が多いと緊張してしまう、知らない人に積極的に話しかけられないなど身近な問題が研究対象になります。傘連判状のような歴史的なコミュニケーションの工夫から発想することもあります。もちろん、国際文化学部にいるので外国語がうまく話せないという問題にも取り組んでいます。

このような研究には「コミュニケーションが苦手だ」と悩んでいるような人の方が向いているかもしれません。たとえば消極的な人が誰かに話しかけたいというときには積極的な人をはるかに上回る策を脳内で巡らせるものです。私自身もコミュニケーションが得意ではありませんが、悶々と考え抜いたことから研究のアイデアが生まれることがよくあります。

関連する主な学会

国内学会
WISS, インタラクション, etc.
国際学会
CHI, UIST, CSCW, GROUP, INTERACT, etc.
研究テーマはできるだけ自分で
世界を観察し、一緒に考えることを通じて研究テーマを見つける力を鍛えます。
希望者には先生や先輩の研究テーマを引き継いでいただくことも考えています。
プロトタイピング
アイデアを素早く形にする能力を磨きます。
論文と発表を重視
わかりやすい論文・わかりやすい発表を目指して、繰り返し添削・練習します。
学部・学科
神戸大学 国際人間科学部 グローバル文化学科
神戸大学 国際文化学部 情報コミュニケーション論講座
大学院
神戸大学大学院 国際文化学研究科 情報コミュニケーションコース

研究テーマ例(院生)

研究テーマ例(学部生)

教員

学生

卒業生

2012年度卒(2人)

2013年度卒(6人)

2014年度卒(5人)

2015年度卒(2人)

2016年度卒(9人)

2017年度卒(8人)

2018年度卒(6人)