Home | Research | People | Publication | オサムシ自然史研究会 | オサムシの交尾器のはなし


オサムシの交尾器のはなし

その1:  オサムシを分ける錠と鍵
その2: 「錠と鍵」の機能

オサムシ,特に日本列島に固有のオオオサムシ類は,とても奇妙な交尾器を持っています.そしてその交尾器は,彼らの進化の過程で非常に重要な役割を演じているのです.そんなオサムシの交尾器は,進化生態学研究室の研究テーマの中心です.

 オオオサムシ類の多様なオス交尾器


オサムシがもつ興味深い交尾器について知ってもらうために,わかりやすい(つもりで書いた)解説文を紹介します.2005年に滋賀県立琵琶湖博物館で「歩く宝石オサムシ:飛ばない昆虫のふしぎ発見」という企画展示が開催されたとき,高見が,師匠である石川良輔先生と共に展示解説書として書いたものです(読みやすくするために少しだけ手を加えています).これを読んだ方々が,生物の進化や昆虫の生態について,少しでも興味を持つようになってもらえればと願っています.(高見泰興)