KOBE UNIVERSITY

Morigaki Group

細胞や細胞内小器官を形作っている生体膜は、シグナル伝達、エネルギー変換など、全ての生命活動に 重要な役割を果たしています。しかし、生体膜が多くの脂質・タンパク質分子から形成される複雑かつ動的な超分子構造であるため、その構造 や機能についてまだ多くのことが分かっていません。私たちは、脂質やタンパク質分子を自分たちで組み合わせて、固体基板表面に生体膜の人 工的なモデル系を作製する技術(人工生体膜)を開発しています。生体膜の多様な機能を分子レベルで再現・解析することで、基礎生物学だけ でなく医療診断、食品安全性検査、環境計測など幅広い応用に活かせる膜システムを開発します。

NewsOlder News

2021.04.01 新年度が始まりました。
2021.03.25 楠祐佳さんと杉町彩音さんが卒業されました。おめでとうございます!修士課程でも頑張ってください。
2021.02.03 リーズ大学(英国)のDr. Peter G. Adams との共同研究に関する論文 "Model lipid membranes assembled from natural plant thylakoids into 2-D microarray patterns as a platform to assess the organization and photophysics of light-harvesting proteins"がSmallにアクセプトされました!
2021.01.29 永井るりかさん(2020年修士)の研究「パターン化人工膜への膜タンパク質の再構成」が電気 学会・技術委員会奨励賞を 受賞しました。おめでとうございます!
2020.10.01 学部3年生(宮田優里さん、吉村優くん)が卒業研究のため研究グループに加わりました。ようこそ!
2020.07.30 前川昌平先生との共同研究(NAP-22)に関する論文がNeuroscience Letterにアクセプトされました。
2020.05.09 米田卓郎君の光合成に関する論文がLangmuirにアクセプトされました。
2020.04.01-02 神戸大学附属中等教育学校のグローバル・アクション・プログラム(GAP)の一環として、附属中学校6年生 (高校3年生)の生徒さん3人が2日間、研究室で実験をしました。
2020.04.01 科研費・基盤研究(B)(#20H03225, 2020-2022)が採択されました。
2020.04.01 新年度が開始しました。
2020.04.01 永井るりかさんと米田卓郎君が修士課程を卒業されました。おめでとうございます。お元気でご活躍ください!
2020.04.01 ホームページがリニューアルされました。