都市近郊の樹木を資源と認識する
黒田慶子   神戸大学大学院農学研究科 森林資源学研 究室

銘木でない広葉樹材に価値は無いのか 
都市と近郊の 森林・樹木資源を活用するための実践的研究

a)木材, b) エコツーリズム, c)野生獣類の資源化
 →ここをクリック (準備中) 

Home  新 着   クイズ   基 礎   論文・本   森林病害と防除   樹木生理と生態系の健康


KOBE STYLE のショールーム
エノキの突き板が高級キッチンユニットに

搬出できる業 者が居ない
遠距離から→費用がかさむ

都市近郊の樹木や街路樹が、植栽から半世紀を経て大木と なっています。環境が保全されて「素晴らしい」ととらえられますが、その反面、危険であることをご存じでしょう か。直径50cmの広葉樹の重量は数トンにもなります。倒木や枝折れによる事故のリスクがあるため、都市の樹木 はある程度の大きさで伐採せざるを得ません。

大学内で桟積 みをして乾燥
乾燥場所の確保が困難

直径60cm程度の丸太
一本の重量は200kgほど
伐採木は8m3あった

銘木でなくて も好まれる個性

思いがけなく使って もらえた・・・

価値観の違い

  1. 西 洋的センスでは個性的な木目はOK

  2. 和 の感覚では低質材とされる

    1.     肌理が荒い、変色、色が悪い

  3. エ ノキはダメな材ではないはず

  4. 工 芸的利用以外の木材も必要

輸入材への依存

  1. フ ローリングやテーブル天板は「輸入材」である必用はないのに、国産広葉樹が使われない

  2. オー クやウォールナットは日本にもある

課題:伝統的木材産業で扱っていない材をどう流通させる のか

アキニレとエノキの材で、農学部共用スペースのテーブ ルを作りました。 2018年4月

エノキの材が研究室のテーブルになりました。2018 年4月

新しい ノートブランド TETO(大阪市中央区)

では天 井板 に、 SHARE WOODS のfacebookより

神戸大学農学部では、実験用圃場が日陰になるため、エノ キの大木(写真左)が伐採されました。農学部がこの地に引っ越した頃に芽生えた木のようで、 約50年生です。伐採丸太は、産業廃棄物として処分費用が発生し、勿体ないことが起こっています。そこで、伐採された丸太を材として利用してみました。す ると、いろいろな用途が出てきたほか、今後の課題が見えてきました。