http://www2.kobe-u.ac.jp/~kurodak/Health_1.html
Home  新 着   クイズ   基 礎   論文・本   森林病害と防除    樹 木生理と生態系の健康

祖谷渓:かずら橋のサルナシの資源枯渇について考える

神戸大学 森林資源学研究室  黒田慶子 Kuroda, Keiko

 

どうなってる?橋の中身

祖谷のかずら橋に使用されている「シラクチカズラ」(サ ルナシ)。その蔓はしなやかで丈夫だと言われており、蔓細工の材料としても有用なものとなっています。そんな性 質を持つシラクチカズラの中身はどうなっているのでしょう?


蔓を切って断面を見ると、無数の小さな穴(道管)が開 いています。また、右のように薄く切って染色してみると、組織が分かりやすくなり、年輪もはっきり見ることが出 来ます。

シラクチカズラはつる性樹木。森の中では明るく、水気の 多い場所を好み、他の樹木に巻きつく、または引っかかるような状態で生えています。

直径20mm程度では

年輪数27~28年

かずら橋に使われるサルナシ(現地では、シラクチカズラ と呼ばれる)

祖谷では、3年に1度、かずら橋の架け替えが行われま す。サルナシの蔓は1回に6トン使用されるため、その材料の確保は、なかなか大変な作業のようです。採取しやす い場所には資源が減っているため、将来のことを考えて、挿し木による栽培、サルナシの生息に適した環境の把握と 森林管理などの課題があり、当研究室では研究課題として協力しています。

直径70mmの葛では

年輪は66以上も・・・