界面材料工学研究グループ    Material Surface Engineering Lab  > English
神戸大学工学研究科応用化学専攻
Home Member  Research Publications Access Link Event


 生物あるいは多くの機能性人工材料は、界面や表面の特性を巧みに利用しています。例えば、物質の吸着・抽出分離、肌触り、濡れ性、生命機能の維持(細胞膜)、エネルギー変換などです。我々は、次世代産業に貢献する、機能を有する「界面・表面」の創出をテーマに、有機化学、生化学、高分子化学、界面化学の視点から取り組んでいます。特に、タンパク質や有機合成化合物を、同じ土俵で一つ一つの分子ととらえ、それら分子が相互作用することにより分子レベルを超えた高次の機能を、液液界面や材料表面に作り出すことを目指しています。ここで目指す機能は、例えばゲル化能、高い選択性を有する物質分離性能、新規分析技術の開発、ナノレベルの分子を使ったμスケールのマクロ構造の制御等です。分子論的な研究開発(主に合成)からマクロスケールの製造技術まで、世界にこれまでにない材料や概念、アプローチで挑戦しています。

:分子の自己組織化、表面機能化、界面活性剤、有機合成、高分子合成、ナノ粒子、生体高分子(タンパク質、DNA)、分離、細胞、貴金属

 Recent topics
Contact
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
神戸大学大学院工学研究科・応用化学専攻・界面材料工学研究グループ
丸山達生
tel & fax: 078-803-6070
tmarutcm@crystal.kobe-u.ac.jp
(@を半角に直してお送り下さい。)