地震防災研究グループ


                      神戸大学大学院 工学研究科 市民工学専攻 人間安全講座

本文へジャンプ
報告書関係



水道地震対策研究会報告書


「水道地震対策研究会」は、平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震後、神戸大学大学院市民工学専攻の鍬田研究室と兵庫県南部地域にある水道事業体(明石市、芦屋市、尼崎市、神戸市、三田市、西宮市、阪神水道企業団)の若手職員が中心に集結し、東日本大震災で得られた知見・経験を集約し、兵庫県南部地域の水道システムの安定性向上と今後の地震災害時の緊急対応活動に活かすべく設立したものである。研究会は平成23 年10 月から毎月1回開催し、平成24 年4月までに7 回を重ねた。その成果は下記の報告書に取りまとめ、平成24年11月13日に神戸市危機管理センター1階会議室で報告会を開催した。

水道地震対策研究会報告書(9.4MB)

報告会プログラム