学部3回生用研究室紹介

研究概要

top2
当研究室では、先端医療(再生医療や薬物送達システム)の発展に寄与すると期待される生体に接するマテリアル(生体材料もしくはバイオマテリアル)の分子設計・合成から細胞を用いた機能評価までを行い、バイオマテリアル機能を化学の立場から明らかにすることを行います。有機合成、高分子科学、そして細胞生物学をベースとし、ヒトへの応用を常に意識して、食品素材や生体適合性材料をバイオマテリアル設計に組み込み、特にガン治療を目指したバイオマテリアルの新概念を提唱することを目指します。将来的には食品学・栄養学とバイオマテリアルを融合した予防・治療の方法論を確立したいと考えています。

キーワード: 生体機能材料、薬物送達システム、再生医工学材料、食品素材、デンドリマー、シクロデキストリン

トピックス

2018年4月3日
新B4が3名配属になりました。
2018年3月27日
修士3名、学部4回生3名が卒業しました。おめでとうございます。
2017年11月15日
合同研究発表会(関西大・岩崎研、甲南大・渡邉研;木本研、大阪工大・藤井研、千葉大・桑折研、兵庫県大・遊佐研、大阪府大・原田研、神戸大・大谷研)を本学にて開催しました(発表:小田、山崎)。
2017年10月27日
Congratulations!! Mr. Cho (Ph.D. candidate) recieved a Best Student Presentation Award (Bajpai-Saha Awards) at the 6th Asian Biomaterials Congress (ABMC6) held in Thiruvanthapuram, India
2017年10月25-27日
Dr. Ooya, Mr. Cho and Mrs. Chatterjee (Ph.D. candidates) presented at the 6th Asian Biomaterials Congress (ABMC6) held in Thiruvanthapuram, India.
2017年10月6日
Ning Gan (中国)さんの歓迎会を行いました。
2017年10月2日
Ning Gan (中国)さんが研究生として配属されました。
2017年9月11-12日
研究室旅行で和歌山に行きました。
2017年9月4-8日
Dr. Ooya and Mr. Cho (Ph.D. candidate) presented at the 28th Annual Conference of the European Society for Biomaterials (ESB2017) held in Athens.
2017年8月31日
日本バイオマテリアル学会関西ブロック 第12回若手研究発表会(奈良)にてM1の北爪がポスター発表しました。
2017年8月31日-9月1日
第34回シクロデキストリン学会(名古屋)にてM2の山本がポスター発表しました。
2017年7月14日
第63回高分子研究発表会(神戸)にてM1の北爪、酒元、平川がポスター発表しました
2017年6月19-21日
Dr Ooya presented at International Conference on Progressive PharmSciences: Technology, Research and Development (EuroPPS-2017), Valencia, Spain as an invited speaker.
2017年6月12日
研究室インターンシップ生B2 3名受け入れました。
2017年6月7-11日
Dr Ooya presented at International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017(ISPAC2017) held in Ho Chi Minh City, Vietnam as an invited speaker.
2017年5月29-31日
第66回高分子学会年次大会(千葉)にて、大谷、M2の小園、堀部、山本が口頭発表、M1の北爪がポスター発表しました。
2017年4月3日
新B4が3名配属になりました。