[English]

神戸大学大学院保健学研究科パブリックヘルス領域・国際保健学分野
Laboratory of Sustainable Development & Human Ecology

Latest update on 13th August 2018.


神戸大学大学院保健学研究科国際保健学領域・国際開発分野(Laboratory of Sustainable Development & Human Ecology)は,2012年4月から,中澤 港教授により運営されています。今のところ,教員は1人だけですが,下記の大学院生・学部学生が在籍しています。

中澤 港教授は,国際協力研究科(GSICS)でも協力講座の教授を務めているため,ゼミに参加している大学院生がGSICSにも何人かいます。

研究/教育テーマ

持続可能な開発は,国連で審議されているポストミレニアム開発目標の主なターゲットの1つです。国際保健の視点からすれば,持続可能性は本質的に重要です。国際支援は,どんなに莫大な投資がなされたとしても,受け手側がシステムを維持できなかったり,あるいは本当は不必要だったりしたら,まったく効果がありません。例えば,食糧供給の安定性を増すために,国際援助によって定住化し,生業を農耕や牧畜に変えた狩猟採集民について考えてみますと,集住によって感染症が流行しやすくなるため,診療所を作って治療したり,ワクチン接種によって感染症を予防するシステム作りが必要になります。狩猟採集生活が依存していた豊かな自然は二度と復元しないので,援助が終わった後でも,診療所でのワクチン接種や治療を現地住民だけで維持していかなくてはなりませんが,それは困難です。国際援助は,地域生態系も含んだ,そうした状況まで考慮に入れて行わねばなりません。言い換えると,我々は,受け手側を(ときには援助側も)人類生態学的に把握しなくてはならないのです。当研究室では,このようなトピックについて研究し,教育を行っています。

中澤教授の研究について具体的に知りたい方は,個人webサイトをご覧ください。

メンバー

教員

保健学研究員

大学院生

学部生

研究生

同窓生

主な活動

原則として毎週木曜夜,18:30-20:00に六甲台第1キャンパスの国際協力研究科棟206教室でゼミをやっています(ただし,メンバーの海外での活動のために,8月と9月は概ね休みです)。関心のある方は中澤教授に連絡してください。メールアドレスはminato-nakazawa[atmark]people.kobe-u.ac.jpです。

過去のミーティング

Fiscal Year 2018

19 April
Hanna Horiguchi (D2, GSHS)
26 April
Wanjing Li (M2, GSICS)
10 May
Bharat Negi (RA): How to prepare presentation slides / research proposals (cf.) "Essentials of Writing Biomedical Research Papers, 2nd ed. (Book review, Buy Pbk Ed, at amazon)
17 May<
Chieko Niboshi (M3, GSHS)
24 May
Ichiro Mihara (RA)
31 May
Junko Miyamoto (D1, GSHS)
7 June
Manami Ueno (D1, GSHS)
14 June
Chitose Iwasaki (M1, GSHS)
21 June
Saya Komatsu (M1, GSICS)
28 June
Moeno Sakai (M1, GSICS)
12 July
Seetabaral Baral (M1, GSHS)
26 July
Moe Takano (M2, GSICS)

No meeting in August and September

4 Oct
11 Oct
18 Oct
25 Oct
1 Nov
8 Nov
15 Nov
29 Nov
6 Dec
13 Dec
20 Dec
10 Jan
17 Jan
24 Jan

Useful links for students