障害学会第9回大会(2012年度)・自由報告

■報告者(共同報告の場合は代表者)
□氏名(ふりがな):矢吹康夫(やぶきやすお)
■報告題目(40字以内):
視覚障害教育の強気と弱気--弱視教育におけるアルビノを手がかりに
■発表要旨(2,000字以内)[註、文献、図表等を含む]:
 アルビノとは全身のメラニン色素を作れない遺伝性疾患である。弱視や羞明(眼球内に入ってくる光の量を調節できずに過度にまぶしさを感じること)、水平方向の眼振(眼球が常に不随意に動いている状態)などの眼症状があり、紫外線の影響を受けやすく、外見的にも特徴がある。現在の日本の制度上、アルビノは基本的に視覚障害を生じさせる原因疾患のひとつという扱いであり、各種福祉サービスや特別支援教育の対象となっているのは主に眼症状である。
 本報告ではまず、日本における視覚障害教育の歴史、なかでも戦後の弱視教育の成立・展開過程を中心に概観し、そのなかでのアルビノの位置づけを確認する。アルビノは、先天性で進行せず継続的な治療も不要であるため、幼少期から教育に委ねられるべき疾患であり、弱視教育の対象となる典型例のひとつと見なされていた。視力低下の不安がなく、墨字を主体にした教科指導が可能な疾患は、戦前の視力保存偏重への反省から生まれた戦後弱視教育のアイデンティティを支える存在だったのである。
 障害児教育は、障害者福祉やリハビリテーション医学と同様、個人に焦点化して「できないことをできるようにさせる」という実践課題をもったアプローチだが(杉野 2005)、視覚障害教育、なかでもとりわけ弱視教育は、問題の個人化や同化志向の傾向が強い。弱視児・者は「できる」という自信は、重度の肢体不自由や重複障害と比べて、あるいは全盲と比べて社会適応や職業的自立が容易であるという「障害のヒエラルキー」(秋風 2008)に支えられており、「全盲よりも程度の軽い視覚障害者すなわち、わずかながらでも見えている者では、これよりもレベルを下げることが許されないのが当然」と考えられていた(原田編 1971: 3-4)。
 そのため弱視教育は、晴眼者と対等に社会のなかで自立していくために弱視児が自らの障害を克服し、潜在能力を最大限に発揮できるよう特別な指導をすることと定義され、あくまで普通教育と同等の到達目標をもっている点が強調される。極端なものだと、弱視教育は「社会適応を第一義に考えており、しかも、小学校から中学校へと、順に特別な配慮(特殊教育)の分量を減らして、高校や一般社会では義務教育期間中に養った能力で、全く一般児と対等に互[ママ:引用者注]することができるように」すべきとまで言われていた(湖崎ほか 1969: 28)。
 だが他方で、「健常者に便利なように機能している社会」を批判はするものの、「社会は一般に変化しにくいものであり、また、期待する方向に動くとは限らない」から、「結局、視覚障害者の場合も当面は、この現在の社会への適応をめざして個人の能力を高める営みがなされねばならない」と力なく述べる(村中・小柳編 1977: 146-7)。このように視覚障害教育は、視覚障害者は必ず職業的自立が可能だと強気な姿勢を貫き通し、その自信の裏返しで、社会という大きな相手に対しては適応するしか術がないと弱気になるのが特徴である。
 したがって弱視教育は、「本来彼ら[弱視児・者:引用者注]の責任ではなく、社会の無理解や対応の劣悪さに起因する」問題であっても、「これらの社会状況をはねのけていくたくましさ」や「自らこうした課題を乗り越えることができる精神力」を養うことで解決をはかろうとする(大川原ほか編 1999: 238)。本報告では最後に、弱視教育の実践のなかで具体的にどのような問題が個人化されているのかを明らかにし、アルビノも含めた弱視児・者が社会適応を強いられていることを指摘する。

参考文献
秋風千恵, 2008,「軽度障害者の意味世界」『ソシオロジ』52(3): 53-69.
原田政美編, 1971,『視覚障害(リハビリテーション医学全書12)』医歯薬出版.
湖崎克・中島章・赤松恒彦・村越芳男・松井新二郎・渡辺冴子, 1969,『視覚障害者のための指導の手引』医学書院.
村中義夫・小柳恭治編, 1977,『視覚障害(障害児(者)の生涯と教育1)』福村出版.
大川原潔・香川邦生・瀬尾政雄・鈴木篤・千田耕基編, 1999,『視力の弱い子どもの理解と支援』教育出版.
杉野昭博, 2005,「『障害』概念の脱構築--『障害』学会への期待」『障害学研究』1: 8-21.