障害学会第9回大会(2012年度)・自由報告

■報告者(共同報告の場合は代表者)
□氏名(ふりがな):榊原賢二郎(さかきばら けんじろう)
■報告題目(40字以内):
障害者雇用における包摂的諸措置とそれらの関係性について
■発表要旨(2,000字以内)[註、文献、図表等を含む]:
 障害の社会モデルは、障害という現象の主要な側面を、個人の身体の機能不全としてのインペアメントにではなく、社会的構築としてのディスアビリティに見出す立場であったといえる。しかし障害の社会モデルにはそれ以上の含意があったように思われる。提唱者であるUPIASによれば、ディスアビリティとは「社会的活動の主流への参加」から、インペアメントを持つ人を「排除」することであった。そしてUPIASにとって、最も根本的な排除は雇用からの排除であった[UPIAS and DA 1976: 14, 16]。UPIASによれば、そうした排除に対抗して行われる包摂は、障害者の労働を促進するようなものでなければならない。
 こうして、障害の社会モデルは排除に対抗する包摂の理論として、とりわけ広義における就労福祉(ワークフェア)/賦活化(アクティベーション)の理論として出発した。しかしながら、障害者の場合それがいかに実現されうるのか、健常者との間に相違はないのかということについては充分展開されなかったように思われる。実際UPIASは、技術的進歩によって重度障害者の雇用も可能になっていると述べるにとどまっている[UPIAS and DA 1976: 15]。
 このように、障害の社会モデルは社会的包摂の理論でもあったが、その際身体的条件の差異は基本的に消去されうるという立場を明示的あるいは暗示的にとっていた。しかしこうした包摂には限界がある。技術的措置によって障害者も健常者と同様に雇用されうると強調するとき、そうした措置によっても健常者と同様に雇用されえない障害者は埒外に置かれることになる。この点は合理的配慮についても同様である[花田 1991]。このように、身体的条件の差異を消去できるという前提に立つ時、身体的条件の差異はかえって大きな影響力を持つという事態が生じる。この事態を、障害児教育の文脈における用語によって「投棄」(dumping)と表現することができる。本報告はこうした投棄状態を回避する別種の包摂、いわば投棄なき包摂をめぐる研究の一環であり、特に障害者雇用/就労における身体的差異への対処に焦点を当てて考察を行う。
 まず本報告では、投棄なき包摂を捉えるために補償という概念を検討する。本報告でいう「補償」は、自然的差異を前提におく社会的処遇によって自然的差異を前提におかない(と見える)社会的処遇を生じさせることとして定式化される。この意味での補償原理は、ロールズが言及するような補償原理[Rawls 1971=1979: 76]とも関連している。ある補償は、一見すると社会的処遇の中で自然的差異の消去を達成するが、それはUPIASの議論におけるような仕方で、再び自然的差異を浮上させ、別種の補償の必要性を喚起することになる。この意味で補償は再帰的性格を持ち、投棄なき包摂には多重的な補償の適用が必要とされる。
 さて、障害者雇用に関連して、本報告でいうような補償には以下のようなものがあるといえる。
・普遍的措置(能力に影響しない直接的差別の禁止や職場・交通のユニバーサルデザイン化を含む)
…やはり身体的差異が存在するからこそそうした措置が必要となることを考慮すると、補償として捉えうる
・合理的配慮
…通常、過大ではない負担によって職務の周辺的な機能における障壁を除去するものと考えられており、社会モデルの延長で捉えられているが、身体的差異に応じて支援を提供し、身体的差異にかかわらず職務を遂行できるようにするという意味では補償として捉えうる。
・賃金補填
(・所得保障)
(・多様な活動への価値付与(有給ではない日中活動を含む))

 これらの関係は相補的であるとひとまずはいえる。例えば、合理的配慮によっても著しく残る能力差に対して、最低賃金の適用除外・減額許可で終わらせるのではなく、賃金補填を行うことが可能である。しかし、例えば賃金補填が可能なのであれば、合理的配慮を可能な限り行う必要はないのか。所得保障があれば賃金補填による雇用機会の拡大を行う必要はないのか。このように、補償が多重的に適用されるとしたとき、補償措置の間の関係についてさらに考察する必要がある。本報告では、障害者雇用に関連する上記のような諸措置に即して、投棄なき包摂における多重的な補償の間の関係性を探ることとしたい。

花田春兆 1991「ADA法やぶにらみ」八代英太・冨安芳和編 1991『ADA(障害をもつアメリカ人法)の衝撃』学苑社122-130。
Rawls, J.(1971), A Theory of Justice. = (1979)矢島鈞次監訳『正義論』紀伊國屋書店。
UPIAS and DA(1976), Fundamental Principles of Disability, UPIAS and DA.