■報告者(共同報告の場合は代表者)
□氏名:桐原尚之、安原荘一
■報告題目(40字以内):歴史障害学試論
■発表要旨(2,000字以内)[註、文献、図表等を含む]:

背景・問題意識
歴史には過去の事実と歴史の叙述という二重の意味がある。しかしながら、認知されない、また誤って認知される過去の事実も存在しうる限り、事実と叙述の乖離が認められる。歴史は、それ自体は一回性の事実の連続であるために、歴史の叙述において史料類の学術的な解釈と抽出、及び選択と総合化を通じて重要性や影響などが意味づけられることが必要であり、これが行われて初めて十分な歴史性を持つこととなる。
しかし、この過程において何を価値基準と設定するのかによって叙述された歴史は、同じ史料を基礎としても全く異なる叙述となり得る。そのために、どのような価値基準を拠り所にするべきか、またその基準は果たして普遍的な妥当性を持つのか、という二つの大きな哲学的な課題が出現する。
 障害者の歴史研究をする分野・領域として社会事業史研究がある。社会事業史研究は、社会福祉(学)を価値基準とした歴史の叙述をしており、専ら社会福祉等の正当化のために進歩主義な叙述をしているのである。そして、そこに描かれる障害者は、社会福祉の正当化のための客体として描かれるわけである。我が国の障害学研究は、価値基準となる社会福祉等に対し、普遍的妥当性を持ちえない医学モデルとして批判できたが、肝心の歴史の叙述においては、あまり知られてこなかった障害者運動の事実の紹介に過ぎないものとなっている。そのため、社会事業史研究に内在した医学モデル的価値基準の歴史に対して、十分な批判を加えてこなかった。

杉本章批判
 杉本章(2008)の「戦後障害者運動の歴史」は、障害者の運動の歴史を記した大著である。筆者は、杉本の足で稼いだ功績を高く評価するが、障害学研究における参考文献に相応しくないとして批判を加える。
 杉本(2008)への批判は、次のとおりである。
―史料批判
その史料は誰が何時、何処で作成したのか
その史料は妥当な史料であるか
その一次史料に錯誤はないか
その二次史料はどのように利用するのか
その史料から何が抽出すべきか
―叙述批判
その叙述は何を価値基準にした叙述なのか
杉本が選んだ史料には、社会事業史研究として加工可能なものが大いに含まれている。そこから抽出された歴史の事実は、おのずと社会事業史としての事実という色彩を帯びやすいのだ。そして、その事実を基にした歴史の叙述は、社会事業史に対するアンチテーゼとしての十分な論証となり得ない。
 たとえば、杉本(2008:147-150)は、宇都宮病院事件を契機とした国際的非難によって精神衛生法が改正された、と叙述している。これは、国際法律家委員会著の『精神障害患者の人権―国際法律家委員会レポート』(赤石書店)のみを一次史料として事実の抽出を行ったものである。国際法律家委員会は、もとより密かに精神衛生法の改正を狙っていた日本弁護士連合会との距離もそれほどなく、且つ、宇都宮病院事件を新聞報道にするまでの精神科医たちの運動とも、戸塚悦郎を通じたつながりがあった。つまるところ、国際法律家委員会は、彼らなりの意図があって、調査訪問をしているわけであり、日本の「精神病」者らと、すべてにおいて利害が一致したわけではない。それは、同時に「精神病」者の運動が自律的に自らの主張を持ち得ていたことを意味するわけで、もし、「精神病」者運動の記録を一次史料としたならば、彼らが「改正」ではなく「撤廃」を主張したことを知ることになるだろう。そこから導き出される答えは、「改正」がとりあえず一歩前進ではないということである。すなわち、障害学に基づくのならば、「宇都宮病院事件を口実にした精神衛生法の改悪を「精神病」者の声を無視して強行された」と記さねばならなくなるのだ。

歴史の記述と社会事業史への評価の加え方
まとめとなるが、歴史哲学の議論は、著名な哲学者による長年の蓄積があり、そこから学べるものは多い。しかし、歴史に係る障害学研究は、歴史哲学の蓄積を障害学の観点からどれほど消化し、批判する努力をしてきただろうか。筆者が批判の対象とした社会事業史についても、いかなる評価を加えるべきか、そのような議論すら日本の障害学ではされてこなかったのである。
今日、障害者運動の歴史は、幾つかの断片的な記録が確認できる程度にとどまり、体系的な研究がされていないものが少なくない。そうした障害者の運動の歴史は、社会事業史の叙述に取り込まれ、医学モデルによる支配的な考えの成すままとされている。すなわち、障害者の歴史は、社会事業史の言説の中で沈黙を強いられており、この沈黙を打ち破らない限り、障害者がいかに歩み、戦ってきたかを知り得ることはできない。
 今日までのあらゆる社会の歴史は、階級闘争の歴史である。障害者運動の歴史の叙述が拠所にすべき価値基準は、医学モデルをアンチテーゼとすることができる障害学である。障害学を価値基準とした障害者運動の歴史の叙述は、無批判に医学モデルを受け入れ、それを障害者の歴史として展開した社会事業史のカウンターヒストリー(対抗史)となる。カウンターヒストリーは、オルタナティブヒストリーと異なり、もうひとつの歴史として片方の存在を認めたりはしない。片方の歴史が、たとえ事実であっても糾弾されるべき叙述として常に批判の対象とされるのである。

【参考文献】
Oliver, Michael, 1990, "The Politics of Disablement, Macmillan" (=三島亜紀子, 山岸倫子, 山森亮, 横須賀俊司, 2006,「障害の政治――イギリス障害学の原点」明石書店
杉本章, 2009,「障害者はどう生きてきたか―戦前・戦後障害者運動史」現代書館
反保安処分闘争(www.arsvi.com/d/h07.htm)のページ