■報告者(共同報告の場合は代表者)
□氏名:鎌田一雄・鎌田暢子
■報告題目(40字以内):ユニバーサル絵本
■発表要旨(2,000字以内)[註、文献、図表等を含む]:

1.まえがき
 多くの絵本が出版され、流通している.絵本は、絵と文章との視覚メディアで構成されており、視覚受容が前提となっている[1].読み聞かせによる音声・聴覚経路もあるが、視覚メディアを介した使用(コンテンツの理解)が基本である.このとき、例えば視覚に障害がある子ども、大人(子ども等)にとっては、受容上のバリアが生じる.このバリアの解消、軽減のために、出版されている絵本の文章を点訳し原本のテキスト部分に添付し、絵を点図で表したり説明文を書き添えたりしている[2].これ等の対応は、出版された絵本が持つバリアを、追加的な操作で解消しようとするバリアフリー・デザインに対応する.
 これに対し、絵本創作のはじめから、障害がある読み手にとってもそうでない読み手にとっても同じように愉しめる(絵本体験ができる)よう目指すデザインもある.これは、ユニバーサル・デザインの考え方に相当する.本発表では、ユニバーサル・デザインの考え方を、絵本創作に導入した絵本(ユニバーサル絵本)の概念と、デザインアプローチとを述べる.

 おばあちゃんが、ほそながいなすびを みせました.「どうだい、きれいなむらさきいろにできたろう」「つるつるしてひかってるね.あれ、でもてっぺんのところにとげがある」ぼくがゆびさすとおばあちゃんは「そうそう、へたにはとげがあるんだよ.よくきがついたね.えらい、えらい」とわらいました.
図1 絵本の一場面(「ナス」の記述).

2.ユニバーサル絵本
(1)ユニバーサル絵本の概念 絵本創作の最初から、できるだけ多くの子ども等の絵本体験の共有を考える.すなわち、ユニバーサル絵本は、絵本メディアを介して、さまざまな特性を持つ子ども等のできるだけ多くが愉しむことができることを目指して作り上げたものを意味する.
(2)デザインアプローチ ユニバーサル絵本のデザイン(創作)は、感覚に障害を持つ子ども等にとっても、絵と文章とで構成されている絵本が受容・理解(コンテンツの理解)できるようにすることである.絵本創作では、絵と文章とは排反的に補完するという考え方が基本にある(絵と文章との冗長性を抑える).しかし、視覚だけではなく、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの多感覚的体験を絵本の構成要素として採用し、絵本の受容経路に冗長性を導入する.さらに、体験による直接的な理解も活用できるようにする.以下に、ユニバーサル絵本の使用形態を考慮したデザインアプローチを述べる.
(a)絵本の使用形態 読み手の体験・経験、既有知識はコンテンツ理解に重要であるが、絵本が対象とするものの実体験、実物を利用する読み方もある.実体験を積極的に活用・併用した絵本体験を目指す.
(b)絵、文章の構成 実物と絵本が提示する概念・内容との関連が読み手にとってわかり易い構成を採用する.絵と文章とに冗長性を導入し、読み手の受容経路の狭さの補償を図る.
(3)ユニバーサル絵本の事例 試作絵本(「おばあちゃんのやさい」.発表時に提示)の一場面(図1)を説明する.この場面では、田舎のおばあちゃんが孫(子ども)に、畑からとってきた「ナス」(やさい)を見せている.「ナス」の視覚的様態だけではなく、「とげ」、「柔らかさ」、「におい」などの触覚、嗅覚的特性を用いて「ナス」を記述する.多感覚的体験の総合化(活用)によって、読み手ごとの自然な感覚・刺激を通して、絵本体験の共有ができるよう試みている.
3.まとめ
 ユニバーサル絵本の概念と試作例を述べた.絵本の創作(デザイン)に、制約が生じるかもしれない.しかし、絵本の創作活動を実質的に狭めるものではないと考える.ユニバーサル絵本の概念(使用形態も含む)が、子ども等の絵本体験の拡大に役立てば幸いである.
文献 [1] 中川正文:絵本・わたしの旅立ち、NPO法人「絵本で子育て」センター、2006.
[2] ふれあい文庫:http://homepage1.nifty.com/fbunko/ 
謝辞 障害がある子ども等を考慮した絵本について有益なご示唆とご意見とを頂いた故中川正文先生(京都女子大学名誉教授)、齋藤壽始子さん(京都女子大学、児童文化研究会ささゆり舎)、岩田美津子さん(てんやく絵本ふれあい文庫)に深く感謝する.