■報告者(共同報告の場合は代表者)
□氏名:藤田幸廣
■報告題目(40字以内):1000人の現状と声調査研究 パート3
障害者から見た薬物療法と病者本人のリカバリーの研究
■発表要旨(2,000字以内)[註、文献、図表等を含む]:


テーマ:全国統計における薬物療法とその本人の回復関係
1.調査結果
a)主な薬上位3つを選択してもらい処方量を分かる回答者だけに限定し回答を集めてみた。調べてみると薬CP換算平均値(378.01mg)

b)調査対象者に同効薬の説明を加えた設問用紙を使い同効薬の平均服薬数平均値(3.22種類)であった。

c)調査対象者の同様に非定型抗精神薬に抗うつ薬を同時処方されている1044人中170人が併用している。

d)下図から見ると回復率は併用している人は43.8%、併用していない人は59.2%である。

2.考 察
調査結果a)から見ると単剤に見るとCP換算300mg〜と適正な基準であるが、はたして薬は単剤で使用されているのであろうか。この調査は単剤使用を目的とした非定型抗精神薬であることを忘れてはならない。調査結果b)ではそれらの薬の同効薬の重複調剤の現状から見るとCP換算基準は平均値(378.01mg)×平均値(3.20種類)
=1209.63mg。調査結果c)から見ると先ほどの合計数+抗うつ薬が足されている現状が見えてきた。調査結果d)を見ると今まで同効薬を見てきたが、相反する作用を混在して処方されている現状があり、回復率の観点から見ても効果は望めない。
3.結 論
薬を処方することは医師にしかできないことであるが、多剤・大量を避けるためには、処方する医師の意識改革が必要なことには間違いないが、それだけでは、処方の適正化は望めない。そこで、今回多剤・大量療法を見直すために一歩進めCP換算まで調査してみた。
薬物療法に頼りすぎた結果、薬がかえって病気の回復を妨げている現状を無視するわけにはいかない。今必要なことはより適切な処方を目指すために、医師とともに病者を支える医療・福祉機関等々のスタッフが機能する必要性がある。さらに医師も含めた関係機関等、当会の様なピアサポート等でも現状を把握したピアスタッフが病者を中心とした地域生活支援が必要である。質の高い日常生活の意向を基盤とした支援をする「チーム」として機能することの重要性について考える必要性がある。

参考文献:精神医療ユーザーアンケート1000人の声シリーズ
精神科薬とリカバリーの現状 2012年度版調査報告書引用