口頭発表

ロングスピーチ

発表時間は30分です。発表後、座長の司会のもとで10分の質疑・討論を行います。


開始25分に1鈴、30分後に2鈴、40分後に3鈴です。




ショートスピーチ・English Session

発表時間は12分です。発表後、座長の司会のもとで3分の質疑・討論を行います。


開始10分に1鈴、12分後に2鈴、15分後に3鈴です。


全ての発表が終了した後、引き続いて座長の司会のもとで15分~30分の全体討議を行います。




発表用機材・配布資料

各会場にパソコン(Windows)とプロジェクターが設置されています。


セッション前に各自でスライドのファイルをパソコンにコピーして動作確認を行い、セッション後にデータを削除してください。


データはUSBメモリーでご持参ください。


持ち込みのパソコンをご利用されたい場合は、事前に会場係までご相談ください。


資料の配布を希望される場合、あらかじめ不足のないよう十分な部数をご用意の上、セッション開始前に各発表会場の会場係にお渡しください。


レーザーポインターは用意しておりませんので、ご利用の場合は各自持参してください。




    

ポスター発表

発表者はセッション開始10分前までにポスター会場にお越しいただき、発表会場の指定されたボードにポスターを掲示してください。


発表番号が奇数の方は前半1時間、偶数の方は後半1時間が在席責任時間です。この間は必ずポスター前に在席してください。
(セッションは2時間15分とってあります。中間の15分は前半の方は議論の続き、後半の方は準備等にご利用ください)

掲示スペースは、発表1件につきA0(縦)のポスター1枚を掲示できるように準備しています。

ポスターの見やすい場所に「題目・氏名・所属」を明示してください。画鋲は会場に用意されています。

発表中にパソコン機材等をご利用の場合、事前に大会委員会までご相談ください。



    

発表成立要件

研究発表は、論文集に論文を掲載するとともに、口頭発表は発表と討論への参加、ポスター発表は在席時間を満たすことによって正式発表とみなされます。




    

発表の取り消し

口頭発表者あるいはポスター発表者が欠席した場合には、発表取り消しとみなされます。


発表者が欠席する場合はお早めに大会委員会までご連絡ください。


連名発表者がいる場合には、事前に大会委員会の許諾が得られれば連名発表者に限り代理発表を行うことができます。




    

優秀学会発表賞

大会における発表の中から優れたものを選考し、発表部門ごとに優秀学会発表賞を授与しています。


対象者は、大学院在学中の方または大学院修了(退学)後5年以内の方です。




    

連名発表者の要件

口頭・ポスター発表の責任発表者は本学会の会員に限られますが、第2著者以降の連名発表者は非会員でもかまいません。
連名発表者の大会参加は発表成立要件ではありませんが、ご参加いただける場合は非会員としての参加登録が必要となります。


自主企画ワークショップの企画者は会員に限られますが、 その他の登壇者(話題提供者・指定討論者)は非会員でもかまいません。その場合、非会員としての参加登録が必要となります。