研究テーマ


リン酸塩の合成とその物性に関する研究 (成相G)
 リン酸塩は高分子の要素をもつために短鎖状、長鎖状、環状など多様な分子種が存在し、水処理剤や食品添加物などに利用されている。この研究は各種新規リン酸塩を合成するとともに、その特異的反応性や熱的性質などの物性を調べる事を目的とする。当研究室において見出されたコアセルベート状態での環状リン酸塩の異常な反応性を利用した無機‐有機複合体の合成や種々の層状構造を有するリン酸塩を形態制御の手法を取り入れ合成し、インターカレーションや電気的特性などを中心に研究する。


       環状リン酸塩イオン


      コアセルベーション反応

無機化合物のメカノケミカル効果に関する研究 (成相G)
 物質に振動ミルなどの機械的な力を加えると、物質の表面積や粒子径が変化するのみならずその構造や性質が変化することがあるが、これはメカノケミカル効果と呼ばれている。この研究では主に無機化合物について、表面物性の改質や結晶構造の転移、さらには触媒能の増大などへのメカノケミカル効果を定量的に取り扱う。

ランダム系物質の構造、物性に関する研究 (梶並G)
 高濃度水溶液、溶融塩などの液体およびアモルファス固体などのランダム構造物質は、その近距離および中距離構造がその物性と密接に関連している。その物性と構造との関連を調べる基礎的な研究を行っている。近年、金属ホウ酸塩ガラスを六方晶窒化ホウ素で還元することにより、比較的低温で金属微粒子を合成できることを見出した。今後、その反応機構に関して研究を行い、本反応による機能性材料の合成へと展開を行う。


     結晶構造とアモルファス構造

エネルギー・資源の有効利用に関する研究 (梶並G)
 近年、省エネルギー・省資源・リサイクルの推進が持続可能な社会を築く上で非常に重要視されつつあり、無機・分析化学からの立場よりエネルギー・資源の有効利用の研究を行っている。これまで、産業廃棄物の焼却灰を再燃成し鉛・クロム・ヒ素などの有害物質を除去することにより、水熱反応によるA型ゼオライトを合成することに成功した。今後もエネルギー・資源の有効利用の技術の開発を行う。


     エネルギーと資源の有効利用