General information

構造生物学と物理化学を基礎として、疾患に絡む蛋白質の「構造の揺らぎ」をターゲットにした創薬法の開発、抗体医薬品などの物性改良等について、研究しています。

Topics

2017/11/9

下記の論文に関するプレスリリースです。論文の内容を掻い摘んで説明しています。
☆東大から
☆神戸大から
☆阪大から
☆SPring-8から
☆産総研から

2017/11/1

さらに追加の新作です

Matsushita Y. Sekiguchi H. Chang JW. Nishijima M. Ikezaki K. Hamada D. Goto Y. & Sasaki YC. (2017) Nanoscale dynamics of protein assembly networks in supersaturated solutions. Sci. Rep. 7. 13883.
☆東大・佐々木先生との共同研究です。

2017/10/20

久々の更新です

up-to-dateではないですが、論文追加です
1. Cutting Edge: Class II-like Structural Features and Strong Receptor Binding of the Nonclassical HLA-G2 Isoform Homodimer. Kuroki K, Mio K, Takahashi A, Matsubara H, Kasai Y, Manaka S, Kikkawa M, Hamada D, Sato C, Maenaka K. J Immunol. 2017 May 1;198(9):3399-3403. doi: 10.4049/jimmunol.1601296. Epub 2017 Mar 27.
☆北大・前仲先生との共同研究です。


2. Heat-induced native dimerization prevents amyloid formation by variable domain from immunoglobulin light-chain REI. Nawata M, Tsutsumi H, Kobayashi Y, Unzai S, Mine S, Nakamura T, Uegaki K, Kamikubo H, Kataoka M, Hamada D. FEBS J. 2017 Sep;284(18):3114-3127. doi: 10.1111/febs.14181. Epub 2017 Aug 13.
☆うちのオリジナル研究です。度重なる異動やら、なんやかんやで、論文になるまで5年くらい費やしました。(抗体軽鎖可変領域 単量体型変異体の構造もPDBに載っています)