メンバー紹介

PD厨 祐喜 Yuki Kuriya

経歴

2005/03
佐賀大学 農学部 応用生物科学科 卒業
2008/03
九州大学大学院 生物資源環境科学府 修士課程 生物機能科学専攻 修了
2011/03
九州大学大学院 生物資源環境科学府 博士後期課程 生物機能科学専攻 修了
2011/04
九州大学大学院 農学研究院 学術研究員
2017/01
神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 学術研究員

発表論文

  1. Hara, Y. K., Kobayashi, J., Yamada, R., Sasaki, D., Kuriya, Y., Hirono-Hara, Y., Ishii, J., Araki, M., Kondo, A. (2017) Transporter Engineering in Biomass Utilization by Yeast, FEMS Yeast Research, 17(7), fox061
  2. Kuriya, Y., Tanaka, S., Kobayashi, G., Hanai, T., Okamoto, M. (2011) Development of an analytical pipeline for optimization substrate feeding and eliminating metabolic bottlenecks. CBIJ, 11, 1-23

  3. Shinto,H., Tashiro, Y., Kobayashi, G., Sekiguchi, T., Hanai, T., Kuriya, Y., Okamoto, M., Sonomoto, K. (2008) Kinetic study of substrate dependency for higher butanol production in acetone-butanol-ethanol fermentation. Process Biochem, 43, 1452-1461

  4. Shinto, H., Tashiro, Y., Yamashita, M., Kobayashi, G., Sekiguchi, T., Hanai, T., Kuriya, Y., Okamoto, M., Sonomoto, K. (2007) Kinetic modeling and sensitivity analysis of acetone-butanol-ethanol production. J. Biotechnol, 131, 45-56

著書

  1. 厨祐喜,岡本正宏,第3章 5 代謝工学によるバイオアルコール生産の向上、植田 充美 監修、合成生物工学の隆起 ―有用物質の新たな生産法構築をめざして―, シーエムシー出版, 東京, 82-90 (2012)