更新情報・お知らせ・受賞

2019年4月に、研究室の同窓会を開催します!!
※卒業生は、各年度ごとの代表者から連絡が届きますので、連絡が届かないというかたは大谷までご連絡ください。
大谷 : naomio3@puppy.
先端バイオ工学研究センターが新設され、蓮沼誠久教授がセンター長に任命されました。
H30年度次世代治療・診断実現のための創薬基盤事業、バイオ医薬品の高度製造技術の開発に2件の提案が採択されました
研究開発課題名:高性能な国産細胞株の構築 (研究代表者:近藤昭彦)
研究開発課題名:バイオ医薬品の多品種・大量製造に適した微生物による高度生産技術の開発 (研究代表者:石井純)
修士・学部の学位記授与式が行われました
博士学位記授与式が行われました
日本農芸化学会2018年度大会にて
農芸化学奨励賞受賞 若井暁
第9回iBioK国際シンポジウム を開催しました
近藤昭彦教授と蓮沼誠久教授が日経バイオテクの特集記事に掲載されました。
(詳細はこちら)
第9回学長表彰式 において
荻野千秋教授・蓮沼誠久教授・西田敬二教授が財務貢献者として表彰されました。
近藤昭彦教授が 第24期 日本学術会議連携会員に任命されました。
化学工学会 第49回秋季大会にて
バイオ部会優秀ポスター賞受賞 田畑琢也
文部科学省「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」 に採択されました。
テーマ名「バイオ経済を加速する革新技術:ゲノム編集・合成技術の事業化」
腐食防食学会2017年度春期講演大会「材料と環境2017」にて
腐食防食学会進歩賞受賞 若井暁
International Bioprocessing Association -7th International Forum on Industrial Bioprocessing (IFIBiop 2017) にて
Outstanding Scientist Award-2016受賞 近藤昭彦
DNAを切らずに書き換える新たなゲノム編集技術を作物に応用 ― 新しい品種開発技術として期待 ― に関する論文が Nature Biotechnology に掲載されました。
(詳細はこちら)
日本農芸化学会2017年度大会にて
トピックス賞受賞 若井暁
iBioP 2016にて
Poster award 受賞 荒添貴之
経済産業省広報誌「METI Journal12・1月号」 に掲載されました。
DNAを切らずにピンポイントに書き換える新たなゲノム編集技術「Target-AID」の開発に関する論文が、Science誌 に掲載されました。(詳細はこちら)
A-STEP に採択されました。
課題名「微細藻類からのカロテノイド色素の生産技術開発」
生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2016にて
「飛翔ポスター賞」受賞 鈴木貴弘
「優秀ポスター賞」受賞 西村勇哉特命助教
NEDO事業「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発」 が採択されました
メンバーと発表論文を更新しました
ホームページをリニューアルしました

当研究室は2つの研究科と先端バイオ工学研究センターに属しています

当研究室が進めているプロジェクト