メンバー紹介

PD坂野 聡美 Satomi Banno

経歴

2002/03
名古屋大学 理学部 生命理学科 卒業
2004/03
名古屋大学大学院 理学研究科 生命理学専攻 修士課程 修了
2006/04
日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2007/03
名古屋大学大学院 理学研究科 生命理学専攻 博士課程 修了 博士(理学)
2007/04
法政大学 工学部 生命機能学科 特別研究員 (PD)
2008/04
国立感染症研究所 病原体ゲノム解析研究センター 研究員
2013/04
大阪大学 大学院情報科学研究科 バイオ情報工学専攻 特任研究員
2014/03
神戸大学 大学院工学研究科 学術研究員
2016/04
神戸大学 大学院科学技術イノベーション研究科 学術研究員

発表論文

  1. Banno, S., Nishida, K., Arazoe, T., Mitsunobu, H., Kondo, A. (2018) Deaminase-mediated multiplex genome editing in Escherichia coli, Nature Microbiology, 3, 423-429
  2. Nishida, K., Arazoe, T., Yachie, N., Banno, S., Kakimoto, M., Tabata, M., Mochizuki, M., Miyabe, A., Araki, M., Hara, Y. K., Shimatani, Z., Kondo, A. (2016) Targeted nucleotide editing using hybrid prokaryotic and vertebrate adaptive immune systems., Science,353, aaf8729
  3. Kuroda M., Serizawa M., Okutani A., Sekizuka T., Banno S. and Inoue S. (2010)  “Genome-wide single nucleotide polymorphism typing method for identification of Bacillus anthracis species and strains among B. cereus group species.” Journal of Clinical Microbiology 48(8): 2821-2829
  4. Serizawa M., Sekizuka T., Okutani A., Banno S., Sata T., Inoue S. and Kuroda M. (2010) “Genome-wide screening for novel genetic variations associated with ciprofloxacin resistance in Bacillus anthracis.”  Antimicrobial Agents and Chemotherapy 54(7): 2787-2792
  5. Shiomi D., Banno S., Homma M. and Kawagishi I. (2005) “Stabilization of polar localization of a chemoreceptor via its covalent modifications and its communication with a different chemoreceptor.”  Journal of Bacteriology 187(22): 7647-7654
  6. Banno S., Shiomi D., Homma M. and Kawagishi I. (2004) “Targeting of the chemotaxis methylesterase/deamidase CheB to the polar receptor-kinase cluster in an Escherichia coli cell.”  Molecular Microbiology 53(4): 1051-1063

総説・解説等

  1. 坂野 聡美, 本間 道夫, 川岸 郁朗「原核細胞の細胞骨格:蛋白質の細胞内局在と細胞骨格」蛋白質核酸酵素 53巻13号,pp. 1739-1745 (2008)
  2. 坂野 聡美,田島 寛隆,川岸 郁朗「細菌のセンサー:環境変化の感知とべん毛運動制御」細胞工学,第26巻8号,pp. 903-908 (2007)
  3. 坂野 聡美, 川岸 郁朗「リポソーム応用の新展開?人工細胞の開発に向けて?」(秋吉一成,辻井薫 監修) 第3節 生体情報・情報伝達 「膜を介したシグナル伝達」NTS, pp. 257-266 (2005)